特別養護老人ホーム


施設概要

運営主体 社会福祉法人 長生福寿会
施設名 特別養護老人ホーム 二方の郷
開設日 平成18年4月1日
所在地 〒452-0817 愛知県名古屋市西区二方町15番地
構造 鉄筋コンクリート 6階建
事業の種類 特別養護老人ホーム(ユニット型個室90名)
事業所番号:2370401495
職員体制 職員数:常勤職員55名 非常勤職員:25名
(施設長・生活相談員・ケアマネージャー・管理栄養士・介護職員・看護職員など)
TEL/FAX TEL:052-505-2941/FAX:052-505-2981
MAIL futakatanosato@chime.ocn.ne.jp
アクセス 名鉄/犬山線・地下鉄/鶴舞線 『上小田井駅』下車 徒歩3分


サービス紹介

1.ゆとりと笑顔のユニットケア

当施設は、全室個室のユニット型施設となっています。ご利用者様やご家族様のプライバシーを損なうことなく、その方のライフスタイルに合わせた思い思いの生活が可能な空間が整備されています。

7~9室で構成するユニットケアは、各居室がそれぞれ共同生活室と接する構造となっており、ご自宅のリビングでくつろぐ感覚で、和気あいあいとした雰囲気の中で生活できます。

2.安心していただける介護の提供

ご利用者様個々に合わせ、専門職である介護職員・看護職員・ケアマネージャー・管理栄養士・機能訓練指導員・生活相談員などが連携し、細やかなケアの提供をいたします。浴室では、あらゆる身体状況の方が安心して入浴を楽しむことができます。

健康管理面では、定期的に主治医による往診があり、また近隣の協力医療機関(名鉄病院)と連携しておりますので、安心です。

3.心豊かなお食事

ご利用者様にとって毎日の食事は、何よりも大きな楽しみのひとつです。食べて美味しく、見て楽しめる食事の提供を心掛けています。

管理栄養士が、栄養バランスや身体の状態にあったメニューをご提供するのはもちろんのこと、季節に応じた食材や味、彩りにもこだわったお食事の提供に努めています。

4.スタッフの思い

私たちは、ご利用者様・ご家族様に安心し楽しく暮らしていただける施設づくりに努めています。

スタッフの充実や介護技術の向上はもちろんですが、いつも笑顔を忘れない心のこもったケアを何よりも大切にしています。



料金表

施設紹介

居室

写真:居室
写真:居室

全ての居室が個室ですので、誰にも気を使うこともなく自分だけのスペースを確保し、自分の生活リズムで暮らしていただけます。部屋には洗面台とクローゼットが常備されています。

共同生活室

写真:共同生活室

ユニットごとに設けられた、リビング&ダイニングです。オープンキッチンで家庭的な雰囲気の中で召し上がっていただけます。

食事の時間以外にもくつろいでいただける共同スペースです。

多目的ホール・喫茶

写真:多目的ホール・喫茶

地域の方との交流や、入居者どうしの交流の場です。

併設の喫茶コーナーでは「ちょっとお出かけ」気分が味わえます。

浴室(歩浴・車いす浴)

写真:浴室(歩浴・車いす浴)

ご家庭と同じくらいのサイズの浴槽でゆったりと入っていただけます。入居者ひとりひとりに合わせ、介護職員がマンツーマンで入浴のお世話をさせていただきます。

機械浴室(寝浴)

写真:機械浴室(寝浴)

寝たきりの方でも安心して入浴いただけます。

洗濯室

写真:洗濯室


調理室

写真:調理室



施設の感染対策

非接触型体温計

アルコール消毒

写真:洗濯室

入館される方には、検温のお願いをしています。

オンライン面会

写真:洗濯室

コロナ過のため、原則、オンライン(居室⇔面会室)での面会をお願いしています。

防護服

写真:洗濯室

業者の方など修理等で入館が必要となる場合、防護服の着用をお願いしています。

写真:洗濯室

同じく、手指消毒もお願いしています。

飛沫感染防止シート

写真:洗濯室

打合せ等を行う場所にも飛沫感染防止用のビニルシートを設置しています。

マスク

写真:洗濯室

職員等もマスクの着用を徹底しています。

施設の様子

写真:施設の様子
写真:施設の様子
写真:施設の様子
写真:施設の様子
写真:施設の様子
写真:施設の様子
写真:施設の様子
写真:施設の様子
写真:施設の様子
写真:施設の様子
写真:施設の様子
写真:施設の様子
写真:施設の様子
写真:施設の様子

新たな取り組みについて

見守り機器 HitomeQケアサポート導入(2022.03.01)

  • 状況を「見て行動」・・・起床、離床、転倒、転落、ケアコールの通知時にご入居者様の様子がスマートフォン(映像)で確認し状況を判断してから行動することができます。

  • 胸の動きによる体動異常検知で「安否確認」・・・呼吸による体動の異常を知らせてくれます(看取りにも応用)。

  • 転倒・転落時の「エビデンス(証拠)」・・・転倒・転落発生時、事故前後の状況が動画で確認することで、原因究明ができその後のケアにつなげていきます。通知時以外でのお部屋の映像確認はできない仕組みです。転倒、転落時以外の映像は記録されません(個人情報の管理を重視)。

  • 即時・確実な「情報共有」・・・スマートフォンを使いリアルタイムにご利用者様情報を他のスタッフへ配信することで情報共有が素早く、確実に行うことができます。

  • ご入居者様の自立を促す「お声がけ」・・・行動通知時にスマートフォンにて状況を見ながらお声がけができ、事実に即した行動を促すことで「自立支援」につながります。


新たな取り組み
新たな取り組み

※画像をクリックすると詳細が表示されます。

ふたかたのさと通信

※毎月10日発行